遺品整理は業者を通して行ってもらったほうが良い理由

霊園の注意

霊園を決めた時点で決まる石材店

霊園のチラシには、必ずといっていいほど指定石材店の名前がプリントされています。もし、まったくチラシなどを見ずに霊園を訪れたとしても、待機している石材店の担当者が順番に対応をしますから、自分で墓石を自由に選べる雰囲気ではありません。もちろん、担当の石材店が扱っている墓石であれば自由に選ぶことができます。石材店が指定されていると自由に選べないような気がしますが、あれこれ迷う必要もなく、霊園と縁の深い一定のレベルに達した石材店に任せることができるため安心して選べるという側面もあります。現在、日本で扱われている墓石の種類は、国産と外国産を合わせて150種類以上あります。価格もピンからキリですから、自分で最適なものを選ぶのは至難の業です。信頼できる石材店にすべて任せれば、初めてであっても墓石の購入で迷うことはありません。

自分らしい墓石を選ぶ

墓石の価格はピンからキリまであり、今では墓石ではなく木を植えるという方までいます。墓石の価格は70万円台から200万円台まで幅広く、激安なものになると20万円台のものまであります。ただ、あまりに激安価格のものを選ぶとトラブルのもとです。今人気なのは光沢のある花こう岩などです。以前は技術的な問題で墓石にできなかったものでも、技術の進歩によって使えるようになったことも大きいでしょう。一般的な形のものより、自分らしい個性的なものが人気です。個性的なデザインにするとそれなりに価格が高くなってしまいますが、自分らしさや故人らしさを大切にする方が増えているようです。墓石も個性で選ばれる時代になったということでしょうか。